大田区田園調布駅周辺の住環境とポスティング戦略

大田区の最西端に位置し、日本の高級住宅街として有名な田園調布。田園調布1丁目から5丁目のエリアと田園調布本町、田園調布南を含みます。

田園調布1丁目 3,768世帯 7,329人
田園調布2丁目 2,253世帯 4,508人
田園調布3丁目 740世帯 1,822人
田園調布4丁目 909世帯 2,030人
田園調布5丁目 1,506世帯 3,444人
田園調布本町 4,177世帯 8,196人
田園調布南 1,977世帯 3,850人
(令和2年3月1日現在)

東急東横線と目黒線が乗り入れている田園調布駅は都心へも横浜方面にもアクセスしやすく、渋谷駅や池袋駅、横浜駅までは乗り換えなしで行くことができます。そのため、朝夕の通勤時間帯は非常に混雑しています。

駅から直通で行ける場所に商業施設「東急スクエアガーデン」があります。

あまり多くの店舗は入っていませんが、本館1Fには東急ストア・プレッセが入っていたり、内科や外科などのクリニック、ペットサロンまであるため、とても便利です。

田園調布は1918年、東急電鉄の創始者である渋沢栄一の理想によって作られた街です。西側はパリの凱旋門に見られるエトワール式道路をモデルにしているそうで、ロータリーを中心に路が扇状に広がっています。

それぞれの路は広く歩道もたっぷりと確保されており、銀杏の街路樹が連なっているため、真夏でも涼しさを感じられるほどです。

西側、東側共に閑静な住宅街が広がっており、特に田園調布3丁目から4丁目は群を抜いた高級エリアとなっています。

また、田園調布には地元の自治会で定められた「田園調布憲章」という建物に関する細かいルールがあります。

例えば、ワンルームの集合住宅はNGなど・・・そのため、東側には単身者向けのアパートやマンションも見られますが、戸建て中心の住宅街と言えるでしょう。

子育ての環境が充実していることもあり、1度住んだら老後まで、といったファミリー世帯が自然と多くなっています。

街全体はゆるやかな坂道となっていますが、急な坂道ではないため、徒歩でも自転車でも問題ありません。車を所有している人も多く見られます。

田園調布駅周辺のポスティング戦略

田園調布1丁目にはマンションもありますが、圧倒的に戸建て住宅が多く、そのほとんどが敷地面積の広い高級住宅です。

若いファミリー世帯は少なく、企業の重役クラス、引退した老夫婦という世帯が多いです。

地域密着型の志向が強く、地域のイベントや情報を掲載したフリーペーパーは精読率が高いですが、新規参入はなかなかむつかしいです。

防犯や資産運用、土地活用についてはとてもニーズがあるので信頼性をアピールできる高級な用紙、ブランドをアピールできるような広告物を作成したうえでポスティングを実施するのが望ましいでしょう。

その他、食事やケータリングのサービス、各種宅配サービスは人気があります。一度取引できると継続率も高いので、丁寧なポスティングを心掛けることが大切です。

庭の剪定や、外壁のリフォーム、修理や修繕などのサービスを実施している事業者は、実績や信頼性をアピールできるポスティングで高反応を目指しましょう。

ポスティングなら当社へお任せください

お見積り・問い合わせはこちら

※お電話はこちら「03-6410-2895」

Copyright© こころざしのポスティング便 , 2020 All Rights Reserved.