大田区西馬込駅周辺の ポスティング(チラシ配布)戦略

都営浅草線の始発・終着駅である西馬込駅は、都営地下鉄の駅では最南端となり、東京の地下鉄全体でも最南端に位置しています。1日の平均乗降人員は約48,700人程です。

西馬込1丁目 2,024世帯 3,487人
西馬込2丁目 1,709世帯 3,059人
(令和2年3月1日現在)

大田区のほぼ中心に位置する西馬込。1番大きな特徴はやはり、通勤・通学が快適であることでしょう。

新橋や日本橋へは約20分程で、京浜急行線直通の列車も出ているため、羽田空港へも乗り換えなしでアクセスできます。また、川崎行きのバスもあるため、行動範囲が広がります。

古くは「馬込文士村」と呼ばれていたこともあり、川端康成、山本周五郎、北原白秋などが住んでいた由緒ある土地柄です。現在もそんな風情ある街並みは変わらず、全体的に穏やかなエリアです。

南口側の駅周辺には、ファミリー向けから単身者向けまで、様々なタイプのマンションが立ち並んでいます。駅から離れていくに従って戸建てが目立つようになり、ファミリー世帯が多くなっていきます。

人通りも少なく、公園が多いため自然豊かな住宅街です。池上本門寺に隣接した本門寺公園は、デイキャンプ場やグランドが整備されており、休日にはBBQなどを楽しむ家族連れで賑わっています。

西口側には新しいマンションが多く目に入ります。第二京浜が通っているため、車での移動も非常に便利です。南・西口側共に坂が多いのも特徴のひとつです。重い荷物を持っている時などは、徒歩、自転車共に多少きつく感じる程の坂道があちこちにあります。

西馬込1丁目には以前、東京都交通局馬込車両工場があった跡地に立正大学付属立正中学校・高等学校が移転しており、駅周辺には、明治時代に創立されたという梅田小学校をはじめ、幼稚園から小・中学校まで網羅されており、自然豊かな落ち着いた環境で子育てができると、子育て世代からも人気なエリアです。

西馬込駅周辺のポスティング戦略

西馬込の住居の比率は、戸建て:1でマンション:4くらいです。

年齢層はバランスよく、特に偏りはないですがファミリー世帯が多いエリアです。

働き盛りの世代+小さな子供というイメージです。

働き盛り世代にはパーソナルトレーニングジムなどの運動施設、余暇を楽しむサービスやイベントのポスティングが好反応です。

ダイエット関連や美容系も人気があるポスティングのジャンルです。

近年では家事手伝いのサービスや食品宅配などのニーズが高いです。

小さな子供向けには、音楽スクール、スポーツ教室やチーム、プログラミングや英語教室など学びにつながるサービスのポスティングが人気です。家族で楽しめるイベントもニーズがあります。

また、2月頃には引っ越しなど不動産関連の広告物は好反応になります。

ポスティングなら当社へお任せください

お見積り・問い合わせはこちら

※お電話はこちら「03-6410-2895」

Copyright© こころざしのポスティング便 , 2020 All Rights Reserved.