ポスティング成功ノウハウ

ポスティング業者の選び方。集客を成功させてくれる代行会社はどう選ぶ?

ポスティングを成功せさるには?

自社でポスティングを行う場合でも、ポスティング専門業者に依頼して行う場合でも、ポスティングを効率的且つ効果的に成功させるために押さえておかなければならないポイントがあります。

配布エリアの特性を把握する

例えば新規に美容院を開業したとして、その告知・集客を目的にポスティングをするとします。その場合、女性・男性、どちらにより多く来て欲しいのか、年齢層は?金額設定は高めなのか?など、ある程度ターゲットとすべき客層を絞り込むと思います。

その際、その地域の特性を把握することが重要となります。もちろん全戸にチラシを配布すれば、その分集客も見込めるかもしれませんが、コストも時間も余分にかかります。それを防ぐために、配布エリアをある程度絞ることが必要となるのです。

宅配ピザやクリーニング、フリーペーパーであれば戸建て・マンション・ビル・公的機関など、あらゆる場所を対象とする軒並み配布、学習塾やピアノ教室、求人であれば若いファミリー世帯の多さが期待できる集合住宅配布、介護ケアや不動産売買、リフォームであれば高所得・高齢者の多い戸建配布...といった具合です。

お客様の目に留まるポスティング専用のチラシを作る

ポスティングを行うと決定した後は、チラシ作成へと進んでいくでしょう。どんなチラシを作成するかも重要なポイントになります。

店舗で使っているパンフレットをそのまま使い回せば良いというものではありません。

ポストに投函するのに適した用紙サイズであること(折らずに投函できる)、お客様の目線に立って分かりやすく簡潔な内容にまとまっているか...チラシを手に取る時間はたったの2秒程と言われています。

その2秒の間にお客様の目を引くような、気持ちを掴むような広告が求められます。見て捨てる...ではなく、例えばカレンダーを取り入れてみるなど、手元に残して活用できるチラシにするのも工夫のひとつです。

配布前にルールや注意事項をまとめておく

配られたチラシを手にする側の心理として、例えば折れ曲がっていたり汚れていたり、雨に濡れていたりするチラシは読みたくないでしょう。

なので、運ぶ際にはまとめて段ボールや箱に入れておく、急な雨にも対応できるようにビニールを被せておくなど、チラシを丁寧に扱う心掛けが必要です。

また、どうしてもクレームを防ぐことができないため、予め空室のポストには投函しない、配布禁止のポストやマンションへの対応、管理人や警備員がいる集合住宅では不審者と思われないよう説明、許可を得てから配布するなど、細やかな配慮も大切です。

ポスティング実施後には必ず効果測定を行う

ポスティングはチラシを1回配ったら終わり・・・ではありません。

集客はもちろんのこと、お客様からの反響やニーズを把握・分析することにより、店舗や商品の改善にも繋げることができます。

配布日、配布枚数、配布エリアは必ずデータ化しておき、反応率を測定できるようにしておくといいでしょう。例えば、チラシにクーポン券を付けたり、期間限定の無料体験のご案内を記しておくと、チラシを見て実際に足を運んでくれたお客様の人数を把握しやすかったりします。

ポスティングは継続して行うことで、より効果が期待できます。効果測定の結果を元に次の配布ではエリアを更に絞り込んでみる、チラシの内容をより簡潔にまとめてみる...などの変化を加えながら、長い目で続けていくことが重要です。

漠然とした期待だけでポスティングに踏み切るのではなく、具体的な目標を立ててから行うようにしましょう。「新規顧客を〇人獲得」「前年度より売り上げを5%up」など、数値化することによりモチベーションも上がり、効果も実感しやすくなります。

ポスティングの反響率は、一般的に0.1~0.3%程と言われています。そこを踏まえた上で結果を焦らずに継続していきましょう。

ポスティングなら当社へお任せください

お見積り・問い合わせはこちら

※お電話はこちら「03-6410-2895」

ポスティング業者を選ぶときのポイント

ポスティング業者をネットで検索したとき、あまりの多さにどこに依頼すればよいか困ってしまうこともあるでしょう。

配布するだけならどこの業者でも同じ?料金が安ければ安いほどいい?初めて選ぶときの基準について、ポイントをまとめてみました。

業者選定は複数社から行う

ポスティング業者には配布を専門に行う業者とチラシのデザインから印刷、配布までトータルで行ってくれる業者があります。

また、大手だからといって優れてるとは一概に言えません。小さいながらも地域に密着し、質の高いポスティングを行っている業者もあります。重要なのは、お客様の目的に合ったポスティングを行える業者を選ぶことです。

もちろん予算内で行えることも大切な条件のひとつです。しかし、価格が安いだけで反響が悪くては意味がありません。ポスティング業者には得意な地域・配布方法、管理体制など、様々な形態があります。最初はWebサイトで調べたとしても、気になった業者には直接、電話やメールで問合せをし、見積もりを出してもらいましょう。

その際、最初からひとつの業者に絞ってしまうのではなく、複数社を比較して総合的に判断できるようにしましょう。手間を惜しまないのであれば、直接訪問して質問を投げかけ、話をしてみることにより信頼にも繋がるでしょう。

マーケティングに基づいたノウハウのあるポスティング業者

チラシを配るだけであれば、自社のスタッフやアルバイトを雇うだけで行うことができます。

ポスティング業者に依頼する利点として、ポスティングを集客のツールと考え、最適なプラン、配布方法、配布する地域の分析など、戦略的なノウハウを提供してくれることが挙げられます。

もちろん1回だけの配布で即結果に繋がるものではありませんが、例えばこのチラシならどこの地域にどのような配り方をすることで、費用対効果が1番高くなるのか・・・その点を的確に把握できれば反響の大きさも変わってきます。

目的に合った最適なプランを提案してくれる

ポスティング業者をある程度絞れてきたら、より具体的なプランについて質問してみましょう。現在はGIS(地理情報システム)ポスティングが主流となっています。

これにより人口・男女別・年齢層別・世帯数等々、様々な単位でデータを活用できるため、ターゲットに合わせた無駄のないポスティングが可能となります。

また、地域住居データを正確に把握できているかも重要です。例えば、新築のマンションに新築住宅のチラシを投函しても意味がありません。逆に高齢者の多いエリアに整体院や介護ケアサービスなど、集客が期待できるチラシを配布できれば効果的です。

依頼内容を理解して、最適な配布方法・配布エリア、そして無駄なチラシを減らした低コストのプランを提案してくれる業者はそれだけで信頼できると言えるでしょう。

スタッフの管理体制に問題ないか

ポスティングを行うのは配布員となるスタッフの人たちです。ちゃんと配ってくれるのか?不正はされていないか?そんな心配もあるでしょう。

多くのポスティング業者で取り入れられているのがGPSによる管理です。これを携帯させることにより、日々の配布ルートのデータが蓄積されていきます。

もちろん、ただ携帯すればよいというものではありません。データを管理者側が絶えずチェックし、効率よくルートを回れているか、エリアの漏れはないか、問題があればその都度指導するという体制を整えていることが大切です。

また、プランによっては集合住宅だけ、単身世帯だけ、といった属性が発生することもあります。それを見極めるために詳しい住宅地図を所持しているか、チラシ投函禁止の建物にまでポスティングを行っていないか、など、細かいルールが徹底され、コミュニケーションが取れているかも重要なポイントです。

クレーム対応やアフターフォローを確認

細心の注意を払ってポスティングを行っていても、クレームが発生することがあります。
その場合、チラシに記載されているお客様の連絡先へクレームが届いてしまうことになります。その時に迅速に対応してくれるのか否かは必ず確認したほうがよいでしょう。

万が一トラブルがあっても、ポスティング業者側で適切に対応してくれる仕組みが整っていれば安心感にも繋がります。

また、ポスティングを継続的に行うことを考えた場合、配布後の報告がどのようになされるかを確認するのも大切です。

もちろん、ちゃんと配布を行ったという証明にもなりますし、次に向けての参考資料として生かすこともできるからです。更にポスティング後の反響をヒアリングし、プラン改善の提案まで行ってくれる業者は信頼に足る業者と言えるでしょう。

ポスティングなら当社へお任せください

お見積り・問い合わせはこちら

※お電話はこちら「03-6410-2895」

-ポスティング成功ノウハウ

Copyright© こころざしのポスティング便 , 2020 All Rights Reserved.